Mavic 2 Pro 空撮プロフェッショナルセット (ハードケース、スマート送信機付き)

SALE

Mavic 2 Pro 空撮プロフェッショナルセット (ハードケース、スマート送信機付き)

マビック2 プロは、Hasselblad(ハッセルブラッド)社の1インチセンサーカメラを搭載、4K/HLG/10bitに対応。全方位型の障害物センサーにより、安全性と安定性が向上しました。
また、ハイパーラプス撮影などのオート機能も追加され、より高画質に映像表現が可能になりました。

  • 最大飛行時間:31分 (無風、25km/h一定速度で飛行時)
  • センサー:1インチCMOS、有効画素数:2000万画素
  • レンズ:35 mm判換算 28 mm、絞り:F2.8 – F11
  • 動画解像度[最高]:4K (3840×2160 30p)

¥364,836 ¥334,300 (税込)

この商品を購入すると3,343 ポイント!
  • 説明
  • FAQ

説明

[スカイルート]DJI Mavic 2 Pro
■Mavic 2 Pro
【セット内容】
機体、送信機、バッテリ― x1、充電器、電源ケーブル、プロペラ(1組)x6、プロペラガード(1組)、Lightningコネクター、Micro USBコネクタ―、USB Type-Cコネクター、ジンバルプロテクター、USB通信ケーブル、USBアダプター、RCケーブルスライダーx3、キャリングケース、コントロールスティック(スペア・1組)
[スカイルート]DJI Mavic 2 Fly Moreキット
■Fly Moreキット
【セット内容】
バッテリー x2、カーチャージャー、バッテリー充電ハブ、バッテリー パワーバンクアダプター、プロペラ(2組) x4、ショルダーバッグ
[スカイルート]DJI スマート送信機
■スマート送信機
超高輝度ディスプレイとDJIドローン用に最適化されたコントロールを備えているため、スマートフォンやタブレットを使用せずにドローンを操縦できます。
・ディスプレイ一体型 5.5インチ 1080p
・1000cd/m2の超高輝度ディスプレイ(通常のスマートフォンの2倍の輝度)で直射日光下でも詳細なプレビュー確認や操作が可能
・HDMI出力端子を搭載、最大1080pで外付けモニターに出力も可能
稼働時間:2.5時間
動作温度範囲:-20 ~ 40℃
重量:約630 g
[スカイルート]PGYTECH スマート送信機対応 Mavic 2用 ハードキャリングケース
■ハードキャリングケース
スマート送信機が収納可能な大容量タイプのハードキャリーケースです。機体・送信機・バッテリー4個、その他小型のモニター、レンズフィルターなど各種オプショナルパーツの収納が可能です。
IP67の防水・気密構造、耐衝撃加工、圧力バランスバルブも採用しており-25℃~90℃環境下などあらゆる環境に持ち出し可能なタフネスケースです。
サイズ:42.5×35.5×19.5cm
重量:3.4㎏
防水/防塵性能:IP67
耐久温度:-25℃~90℃

[スカイルート]PGY-TECH ドローン用ランディングパッド(直径110cm)
■ランディングパッド
ドローン離発着時に舞う砂埃などを防ぐ事ができ、モーターに砂埃が入る・レンズに傷が付く等の不用意なトラブルを防止することができます。
Hマークがあることで下方向のボジショニングセンサーの感度が良くなり、安定した離発着が可能になります。
展開時サイズ:1100mm
収納時サイズ:420mm
重量:535g
素材:ナイロン製 防水加工済
付属品:ペグ ×3 反射シール
[スカイルート]DJI Mavic 2 プロペラガード
■プロペラガード
回転するプロペラから人やものを保護し、飛行の安全性を高めます。スピーディに取り付け・取り外しができます。
重量 (セット):78 g
半径:137 mm
取り付け後の最大外形サイズ:552 × 485 × 84 mm
[スカイルート]PGY-TECH 送信機ストラップ
■送信機ストラップ
送信機を首から掛けて持ち手の負荷を軽減します。装着する事でスティックの操作に集中でき、万が一の送信機の落下も防ぐことができます。ストラップの長さは調整可能です。
材質:金属部:ステンレス
製品重量:19g
サイズ:5.3* 5.1*3.2cm
[スカイルート]SanDisk Extreme microSDXCカード [64GB] Class10 UHS-3
■MicroSDカード(64GB)
大容量64GBのメモリーカードをセットでお付けします。 SanDisk Extreme microSDXCカード
※通常のDJI製品には、MicroSDカードは付いておりません。お客様で別途購入する必要があります。
[スカイルート]USBマルチカードリーダー Transcend (USB 3.0)
■USBマルチカードリーダー
メモリーカードの読み取りリーダーです。ドローンで撮った写真・動画を、メモリーカード(microSDカード)からパソコン等に移すために使用します。パソコンのUSBポートに直接接続しデータ転送ができます。
インターフェース:USB3.0 UHS-I対応
対応メモリカード:SDHC (UHS-I) / SDXC (UHS-I) / microSDHC (UHS-I) / microSDXC (UHS-I)
サイズ:56mm×24mm×8.9mm
質量:18g

製品
Mavic 2 Pro とMavic 2 Zoomの主な違いは何ですか?
2つのモデルの違いは、ジンバルカメラのみです。Mavic 2 ジンバルカメラ交換サービスを購入することにより、DJIのアフターサービスに送り、別のジンバルカメラに交換することができます。
Mavic Proと比較して、Mavic 2はどのような部分が改善されていますか?
Mavic 2は、カメラ性能/映像伝送/飛行時間/飛行速度/低ノイズ設計/全方向障害検知/インテリジェント機能/ユニークなハイパーラプス機能といった性能面のほとんどで、Mavic Proより改善されています。
Mavic 2はDJI Gogglesシリーズに対応していますか?
はい、対応しています。Mavic 2は、DJI Goggles(ファームウェアバージョン01.04.0500以降)およびDJI Goggles RE(ファームウェアバージョン01.00.0600以降、日本未発売)に対応しています。最初に、DJI GogglesまたはDJI Goggles REをアクティベーションしてください。次に、DJI Assistant 2を使用して、パソコンでファームウェアを最新バージョンに更新してください。DJI GogglesまたはDJI Goggles REの電源を入れ、[Settings](設定)で[Linking](リンク)を選択し、次にMavic 2を選択してください。Mavic 2のリンクボタンを押し、DJI GogglesまたはDJI Goggles REが機体に接続されるまで数秒お待ちください。DJI Gogglesは、2.4GHz信号周波数のみに対応しています。一方、DJI Goggles REは2.4/5.8GHzデュアル信号周波数に対応し、より強力な性能を実現します。

* DJI Goggles REに対応するDJI Assistant 2のバージョンをダウンロードするには、次のサイトにアクセスしてください。 https://www.dji.com/dji-goggles-re/info#downloads
* DJI Gogglesに対応するDJI Assistant 2のバージョンをダウンロードするには、次のサイトにアクセスしてください: https://www.dji.com/dji-goggles/info#downloads
Mavic 2は防水仕様ですか?
いいえ。
カメラ
Mavic 2 ProとMavic 2 Zoomに搭載されているカメラのそれぞれの特徴を教えてください。
Mavic 2 Proには、新しくHasselblad L1D-20cカメラが搭載されています。刷新された1インチCMOSセンサーの有効検知範囲が、前モデルMavic Proと比べて4倍になり、より多く光を取り込むことができます。このセンサーの大型化により、低照度環境下でも優れた性能を発揮し、ISO感度の設定範囲は拡張され、ISO上限値は3200から12800へ引き上げられました。

Mavic 2 Zoomは、光学2倍ズーム(24 mm–48 mm)を搭載。デジタルズームと合わせると最大4倍までズームできる1/2.3インチ12MPセンサーを搭載することにより、ダイナミックな視点で被写体を捉え、選択肢の幅も広がり、よりクリエイティブな空撮をすることができます。
Mavic 2 ProのカメラL1D-20cを、Hasselbladが設計した理由は何ですか?
DJIとHasselbladは、Hasselblad品質のカメラをMavic 2 Proに搭載可能なサイズまで小型化するために、レンズの定義、画像処理エンジン、画像効果の最適化等を2年間かけて共同研究し、L1D-20cカメラを開発しました。また、L1D-20cは、Hasselbladが独自に開発したハッセルブラッド ナチュラルカラー ソリューション(HNCS) 技術を搭載し、色彩の細部まで忠実に再現できる20MPの空撮映像を撮影できます。
動画撮影時のMavic 2 Proの特徴は何ですか?
Mavic 2 Proは、3840×2160 10-bit 4K Dlog-Mおよび4K HDR 10-bit動画を100Mbpsで撮影できます。
Mavic 2 Zoomの焦点距離を教えてください。
Mavic 2 Zoomの24–48 mm光学ズームカメラは、ロスレス4倍ズームの1080p動画撮影に対応しています。
送信機を使用して、Mavic 2のジンバルを左から右へ75°動かすことはできますか?
いいえ、できません。しかし、DJI Gogglesシリーズのヘッドトラッキングモードを使用して動かせます。
Mavic 2には、Mavic Proのようにポートレートモード(縦位置での撮影)がないのはなぜですか?
Mavic 2のジンバル構造は、安定性を高めるために最適化されているので、ジンバルはロール軸に沿ってカメラを回転させることはできません。しかし、パノラマで垂直モードを選択すると、垂直に合成された写真を作成できます。
Dlog-Mは、Mavic 2 Proのみの機能で、Mavic 2 Zoomにないのはどうしてですか?
Dlog-MがMavic 2 Proでのみ利用可能なのは、Mavic 2 Proはプロカメラマンのニーズを念頭に置いて設計されており、よりグレードの高い色補正機能が求められます。 一方、Mavic 2 ZoomにはD-Cinelikeが搭載されていて、すばやく簡単に色補正できます。Dlog-Mと同様に、D-Cinelikeは、通常の色補正モードよりも多くのハイライトと色情報を保持することにより、後処理工程でより多くの選択肢を与えます。
Mavic 2では、動画撮影中に写真を撮ることはできますか?
いいえ。
Mavic 2 Proの4K解像度において、フルFOVモードとHQモードの違いは何ですか?
フルFOVモードの低解像度処理は5.5Kセンサーから4K解像度までであるのに対し、HQモードの場合は中央で映像をトリミングするので画質は向上しますが視野角は狭くなります。フルFOVビューは75°、HQビューは55°になります。実際の撮影のニーズに合わせて、どちらかを選択してください。
機能
Mavic 2 Zoomのドリーズームは焦点距離を調整できますか?
いいえ。
ハイパーラプス動画の撮影時に、生成された元の写真をどのようにして保存できますか?
カメラ設定を開き、[オリジナルを保存]ボタンをタップします。ハイパーラプス動画のオリジナルの写真をJPEGまたはRAW形式で保存することができます。[保存場所]としては、micro SDカードまたは内部ストレージを選んで保存できます。
推進力
Mavic 2の最大飛行距離を教えてください。
無風環境下での限界試験では、50.4 km/hの飛行で18 kmの飛行距離を記録しています。(バッテリーは0%まで使用。) ただし、安全に帰還するために、十分なバッテリーを確保して飛行してください。
Mavic 2の最大風圧抵抗レベルを教えてください 。
Mavic 2の最大風圧抵抗は、レベル5(ビューフォート風力階級)まで対応しています。
Mavic 2の低ノイズプロペラをMavic Pro Platinumで使用できますか?
できません。サイズが異なるため、Mavic Pro Platinumではご使用になれません。
Mavic 2の最大飛行時間と最大ホバリング時間が異なっているのはなぜですか?
Mavic 2のローターシステムは、前方方向への飛行に最適化されています。Mavic 2の機体は空気力学的に計算された設計であるため、一定の速度で前方方向へ飛行する方が、ホバリング時よりも消費電力を少なくできます。従って、最大ホバリング時間は、無風状態で29分です。また、最大飛行時間は、無風状態での一定速度の飛行条件下で31分です。
全方向障害物検知
全方向障害物検知とはどのようなシステムですか?
全方向障害物検知は、左右/上下/前後の方向で検知します。左右方向の検知は、アクティブトラックもしくはトライポッドモードでのみ利用可能です。

注:全方向障害物検知は、周囲360度すべてを完全にカバーするわけではありません。左右方向の障害物検知システムは、特定のモードと特定の環境でのみ機能します。アクティブトラックもしくはトライポッドモードが有効になっている場合でも、左右方向に飛んでいる場合の損傷による損失は、DJIの保証ではカバーされません。Mavic 2を操作するときは、周囲の状況とアプリの通知 に注意して安全性を確保してください。
機体底部にある底部補助ライトは、手動でオン/オフ切り替えすることはできますか?
はい。Mavic 2の設定の初期状態では、自動LEDが有効になっており、底部補助ライトを使用環境にあわせて、自動でオン/オフが切り替わります。この機能は、アプリで無効にできます。また、底部補助ライトをアプリ上で手動でオン/オフできます。
送信機&動画伝送
OcuSync 2.0のフルHD動画伝送は、従来のOcuSyncと比べて、どのように改善されましたか?
OcuSync 2.0は、2.4GHzおよび5.8GHz周波数帯の両周波数帯の自動切替に対応しており、耐干渉性も高く、最大伝送距離8kmの1080p動画伝送が可能です。(障害物や電波干渉がなく、FCCに準拠している場合。日本国内では2.4GHzのみ利用可能)
OcuSync 2.0の遅延(レイテンシー)はどれくらいですか?
120ms~130msです。これは、第一世代のものより40ms~50ms短縮されています。
送信機はHDMI出力に対応していますか?
いいえ。
Mavic Proの送信機を使用して、Mavic 2を操作できますか?
現時点ではありません。
標準USBケーブルでもスマートフォンを送信機に接続することはできますか?
送信機の底部にあるUSBポート(Type A)を使用して、スマートフォンと送信機を標準USBケーブルで接続できます。(Micro USBポートからケーブルを抜いてください。) しかしながら、飛行時に多少操作しにくいと感じる場合があります。機体にはさまざまなコネクターのケーブルが付属していますので、ご使用のスマートフォンに最適なケーブルを選ぶことができます。
Mavic 2は、Wi-Fiを使用した操縦に対応していますか?
していません。送信機の使用による操作のみです。
送信機に対応しているモバイル端末を教えてください。
厚さ6.5~8.5 mm 長さ160 mm以下のモバイル端末の場合、送信機のクランプにぴったり固定できます。モバイル端末を取り付ける際には、モバイル端末の保護カバーを取り外すことを強くお勧めします。このサイズを超えるタブレットについては、DJI Mavic 2用 タブレットホルダーをお買い求めください。
バッテリー
バッテリー充電ハブはバッテリー4個を同時に充電できますか?
できません。バッテリー充電ハブは、充電中にバッテリーを交換するという面倒を避けるため、残量の高いバッテリーから順番に充電します。順番に充電することにより、バッテリーをできるだけ早く完全充電します。
バッテリーを完全に充電するには、どれくらいかかりますか?
約1時間半かかります。
使用してしないときは、電池をどのように保管すればよいですか?
少なくとも、3か月に1回はバッテリーを完全充電することを推奨します。
ファームウェア更新
DJI GO 4アプリの更新中に、別のアプリを使用できますか?
できません。別のアプリを使用した場合、更新に失敗します。再度ファームウェアのダウンロードおよび更新が必要になります。
ファームウェアがダウンロードされたら、インターネットを切断できますか?
はい。
機体とバッテリーのファームウェアバージョンが一致しない場合、どうしたらいいですか?
Mavic 2をDJI GO 4アプリに接続してください。アプリはファームウェアの互換性を自動で確認します。指示に従って更新することができます。
Mavic 2の送信機は、DJI Assistant 2に接続中に電源の抜き差しをできますか?
できません。送信機をUSBケーブルで接続し、次に電源を入れてからDJI Assistant 2に接続する必要があります。
更新に失敗する理由は何ですか?
1. バッテリー残量の不足。
更新のインストールを開始する前に、バッテリー残量が50%以上あることを確認してください。

2. 更新中に、Mavic 2または送信機の電源をオフにした。
この場合、Mavic 2および送信機を再起動し、再度更新してください。

3. ファームウェアのダウンロード中に、インターネット接続が切断された。
更新の失敗が続く場合、または送信機が機体に接続できない場合、デバイス間のファームウェアのバージョンが一致していない可能性があります。この場合、パソコンでDJI Assistant 2を使用して、機体と送信機を別々に最新のバージョンへ更新してください。